Android開発のネイティブ言語

Android開発のネイティブ言語

企業が請うプログラムスキルにマッチしていることも重要なポイントとなります。先述のとおり、JavaはAndroid開発のネイティブ言語ですからスマートフォンアプリにも活かすされますが、スマートフォンに限らず、WEBシステムなど様々な分野で有効に使うされているため、あらゆる分野で上位にランキングされるプログラミング言語なのです。

習得しているプログラム言語の数量(ジャンル)を増やし、各言語の習得基準を高めるようスキルを磨き樹立ことで計は大きくなり、入社・転職にも有利になります。JAVAプログラマが宮仕えする際の水準は、おおまかに言えば「習得しているプログラム言語の数量」と「各言語の習得水準」の掛け算の計となります。

では、企業が求めている言語とは、何でしょうか?とあるメディアが、求人情報などのデータから企業が請うプログラミング言語スキルを調査したとことん、C言語をおさえてJavaがナンバーワンという結末になりました。とはいえ、言語の数量をやみくもに増やしても、企業からの需給の乏しい言語ばかりを習得しても、着任に有利にはなりません。